CST 株式会社コンピュータシステム研究所

  • トップページ
  • ROOKとは
  • 主な機能
  • 活用シーン
  • ご利用について

建物作成

拡大する

敷地情報から建物が自動で生成

登録した計画敷地図に、居住タイプを設定するだけで、斜線・日陰規制などの集団規定と、避難距離まで考慮した単体規定をクリアした建物を自動で生成します。
建築知識の少ない方でも、簡単に建物のボリューム出しを行うことができます。

建物ブロック 3Dプリンター

I型

比較的広い敷地(700㎡程度より広い敷地)で、建築工事費を抑えた、広くて安く空室率の低い部屋の提供に向いています。

Iplus型

比較的広い敷地(700㎡程度より広い敷地)で、住戸数を最大限に確保することで家賃収入を高める計画に向いています。

建物ブロック 3Dプリンター

狭小型

センタコア型

比較的小さい敷地(600㎡程度より小さい敷地)で、建築物の形がほぼ敷地形状で決まる計画に向いています。
都市部など利便性が良く、様々な用途で低い空室率が見込まれる場合の事業収支計画の立案に役立ちます。

建物ブロック 3Dプリンター

二戸一型

中廊下型

比較的小さい敷地に、二戸一型や中廊下型等の、あらかじめ登録されているパターンを配置します。

拡大する

テンプレートを利用して、建物の形状を選択することも可能

階段室型、方廊下型、中廊下型などパターン化されたタイプを、テンプレートの形状で敷地内に自動配置し、斜線や日影規制、または、天空率を考慮して自動で積み上げます。
テンプレートはお客様独自に作成し登録することが可能です。

拡大する

ブロックを手動で配置し、自動階層積み上げすることも可能

住居、廊下、バルコニー、階段など、あらかじめパターン化されたブロックを手動で配置してから、階層を自動で積み上げをすることも可能です。

このページの先頭へ

ROOKとは 主な機能 活用シーン ご利用について
資料請求
よくあるご質問
製品概要
主な特徴
導入メリット
操作の流れ
敷地計画
建築計画
概算見積
予算計画
3D模型出力
出力帳票一覧
動作環境
物件開拓
建築企画
収支計画
プレゼンテーション
お申込み方法
開発協力
建築ソフト株式会社
販売協力
GSA 株式会社

CST 株式会社コンピュータシステム研究所